日記 丸太に腰掛けて
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

幽希(ゆ~き)

Author:幽希(ゆ~き)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

気絶倶楽部 二人目
バンッバンッバンッっっっッ うっ




『kizetsu』 に 参加 してくれた ヒト

二人目 は 坂口 竜一 だ


はじめて 出会ったのは

もう 4年程前に なろうか

とある 可愛らしい カフェレスト で

アコースティックなライブ が 開催されて

そこに お互い 出演者 として 存在 しており

竜一さん は 2人組 で 登場 していた

当時 彼は 灰色の地下住人 であり

腰を椅子に据え

決まったフレーズ が あるのか ないのか

わからないような

激しく も 緩く

エレクトリックギター を トばしていた

まさに エレクトリック であった

その日は とくに 会話もなく

終わり その 1年後くらい に

再び おなじ場所 で 演奏会 が

開かれ 再会 し

その時は 二言三言 だが 会話 を 交わした

何を話したか は

忘れた

それから しばらく 会うことはなく

昨年 偶然 再会 する

名古屋 の 居酒屋的ライブハウス に

演奏会 を 観に行ったとき に

竜一さん も 客席 に 居た

偶然 にも おなじ アーティスト を観に

おなじ場所 に 足を運んでいたという

事実 が けっこう な 割合 で

嬉しくなっていた

終演後 お店 の 外 で

10分ほど 立ち話 を する

今は 誰とも組まず 音楽活動 は

していないという

「 おれ みたいな ヘンテコ な ギター で

よかったら いつでも 呼んで ね」

みたいなことを 言ってもらえ

直感的 に そのとき 思う

このヒト と なにか 一緒に できたら と


その 数ヶ月後 ぼく から

今回 の 音源制作 の 依頼 を すること に した

そして 2人 で 関市 の スタジオ に 入り

ギター を 上から 重ねてもらう

それが なんと

開始早々

すばらしく

録音 1テイク目 で

OKテイク が 出てしまったのだ

3時間おさえた スタジオ で

残り2時間 やること が なくなってしまって

困ったくらいだ

そして そして

始めは 1曲のみ の 参加 を 予定 していたが

あまりに 簡単に こなすものだから

いたずら心 が 芽生え

少し は 困らせてやりたい と 思い

もう一曲 お願い を した

だが そんな ぼくの 気持ちとは 裏腹に

その曲さえも

1テイク目 で OK が 出てしまう
(OK を 出したのは この僕 であるが)

なんなんだ !

逆立ち して 大声 で 叫び散らしたいほど

悔しく て すばらしい

こうなったら。。。

と 思い

ぼくの 持ち曲 の なかでも

リズム というものが あるのか ないのか

つまり

面倒くさい 曲 を

今度 は 提示 してみせた

ところが どっこい

この 坂口 竜一 というヒト を

化け の 物 か と 思うしか 他ならなかった

この文 の 流れ で

お分かり の とおり

1テイク目 で

おっけい

妖艶 かつ 破滅的 な

音 を 重ねて くれて

一気に この 歌ら が 化けたの だ

しかも この時は

陽も あたたかい 午前中 であった

怖い


しかし このような 文章 で

紹介 させてもらったが

話すと とても 穏やかな

お兄さん です


音源 の なか だけ に

音 を 落とし込める には

勿体無い

今度 は ステージ の 上 で

と 約束 している


トべるか








































スポンサーサイト
未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/05/29(金) 09:50 ]

気絶倶楽部 一人目
しめきった 部屋 にて


音源『kizetsu』 の 制作 に

参加 してくれた ヒト を

紹介 させて頂きたい と 思う

ここでは 制作過程 に 参加 してくれた

ヒトたち を “気絶倶楽部” という 集合体 で

呼んでみよう
(ネットで検索かけると いかがわしいサイトが
きっと たくさん あがってくる)

一人目 に 紹介 するのは

The WANDER 日比野 渉 氏

この 方 は ロックバンドThe WANDER を

10年以上 引率 し

岐阜 SWEET FISH TOWN
(岐阜の恒例いいバンドみんなあつまれワッショイワッショイ)←あくまで個人的な見解です

の 主催 総指揮者 である

ここまで 歳 を 重ねても

精力的 に 音楽活動 を こなし

音楽愛 に 溢れた ヒト を

身近 には そう いない
(僕 が 友だち 少ないだけかもしれない)

また 僕 よりも 確実 に いろんな 種類 の

音楽 を 知ってみえる
(よく ぶっくおふ で 大人買い するらしい)

音源制作 に 関しても 詳しかろう

そして なんといっても 人あたり が よく

話しやすい


なので 今回 お願い を した

ミックス&マスタリング&一部録音

を お願い を した

そして 制作 の 数ヶ月間

作業 は とても 丁寧 に 進んでいく

その中でも

最も アタマ に 残っている 過程 は

ミックス&マスタリング である
(録音した音 を 自分の好みの音 または
聴きやすい音 に していく過程)

⚫︎日比野 氏
録音した音を 調整 し
盤 に 焼き 幽希 に 渡す

⚫︎幽希
家、車 で 聴いて
各パートの音量、エフェクトのかかり具合
を 注文 する

⚫︎日比野 氏
注文内容 に 添い
再度 調整 し
再び 幽希 に 渡す

⚫︎幽希
再度 聴き
さらに ワガママ な 注文 をする

⚫︎日比野 氏
その ワガママな注文内容 に
添いつつも 適切なアドバイス をする


といったように この やりとり を
繰り返し 理想 の もの に
近づけていく
10ラリー は したか

とにかく この数ヶ月もの間
多くの時間を この制作 に
費やしてもらえ
頭の下がる 思い でいます
感謝 しています


最後に
いま ふと 思い出した こと が
あったので
ここで 追記 しておこう

最近
WANDER練習中 に
お邪魔 した時
その休憩中 の ひとコマ だ

⚫︎幽希
「最近、居眠り運転しちゃって
事故っちゃってえ、
ドブに突っ込んじゃってえ、
バカですよね、あはは。」

⚫︎WANDER他メンバー
「でもさ、眠い時はほんと
危ないからさ、どこでもいいで、
停めて、寝たほうがいいよね。」

⚫︎日比野 氏
「俺、“あー!あー!あー!”って
声出したり(太ももを叩く動作あり)。
揉んだりさあ(左手で股間を揉みし
だく動作あり)。
あと、たまに出してみたりね(股間を)。
ちょっと、ドキドキして眠気覚めない?」

と、
とても 嬉しそうに 話されていたのを 思い出した






















未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/05/27(水) 11:13 ]

お し ら せ
きょう の お昼間 の ライブ が

終わり

ふと おもう

歌っている最中もそうだが

今池 へ 向かう道中 も

ライブ が はじまる直前 に

近くの公園 で 休憩 している 時も

なんとなく カラダ が

苦しいまでとはいかないも 窮屈というか

そんな感覚に 長時間 襲われていたのだが

家に着いてから

その 原因 が 何だったのか わかた

着ていたカットソーのシャツ が 前後ろ反対 だった

肩のラインが微妙にピチッと張って

なんとなく気持ち悪く

サイズが記されてあるタグが胸元で

チクチクと地味な痛みをくらっていた


演奏中にピックを落としてしまったことも

そのせいにしてしまおう



ということで

きょう の ライブ より 音源を販売し始めました

そう はじめて の 音源制作 をし

完成 に 至りました

昨年 秋頃 から 制作開始し

ようやく それが カタチ に








幽希 の はじめて の 音源

『 k i z e t s u 』

9曲入り ¥900 で

ライブ会場 で 販売 します

ぜひ 買ってね

内容 は 基本 アコースティックですが

自分でもうまく 説明 できないので

聴いて 確認を! ね!



未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/05/16(土) 20:40 ]

copyright © 2017 日記 丸太に腰掛けて all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania